システム、製品ご紹介  その1

弊社の最も得意とする車両の入退場システムの施工例を、いくつかご紹介します。

大手企業の工場の入退や社員駐車場について、100件以上の実績があります。



RFID(UHF帯)を利用した身障者駐車場システム

あらかじめ身障者手帳等により申込み頂き入手した、IDカードを
ゲート手前にて車内から提示(読取距離 5m程度)することにより
ゲートを開き入場する。
非常にシンプルな機器で構成され、登録の更新・抹消や
不正入場排除も安価なソフトで行うことができます。

現在、最も安価で高性能なシステムです。
<動画あり>




ETC(DSRC)を利用した車両入退場システム

ETCの車載器を利用した(ETCカードは不要)システムです。
複雑な車載器番号の登録も、ICカードとヒモつけることにより
簡単にできる仕組みとなっています。

システムとして若干高価になります。



社員証(ICカード)を利用した駐車場システム

社員証等に利用されている各種のICカードを、リーダにアクセスして
ゲートを開きます。
既存のカードが流用できるメリットがあります。
リーダの種類により、上位に照合判断用のPCなどが必要な場合が
あります。

非接触ですが、100o程度まで手を伸ばしカードを近づけます。



車番認識を利用した入退場ゲートシステム

あらかじめ車のナンバーを登録しておき、カメラで読み取ったナンバ
ーをPCにて文字認識し、照合判断を行います。

認証するためのカード、タグ等が不要というメリットはありますが、 
雪や泥といった汚れにより、物理的に読めないナンバーには対応 
できません。




RFID(マイクロ波帯)を利用した工場ゲートシステム

長距離読取(8m)可能なマイクロ波を利用しています。
通常のコンクリート製の基礎ではなく、鋼製のアイランド上に機器を
設置しています。

配線やメンテナンスの簡便さの他、乾式工法により工期の短縮が
可能となりました。
ページ先頭へ 前へ 次へ ページ末尾へ